mcrblg-header-image

search

シロッコファンとプロペラファン


マンションではシロッコファン、戸建ではプロペラファンを使用しているというイメージがあります。プロペラは外壁に面してないと設置できなかったりするので、沢山の部屋を設けるマンションでは設置が難しい事もあるでしょう。プロペラの方が構造もシンプルで風量も大きく、掃除がしやすくコストもあまりかからないですが、壁に大きな穴をあけるので、見た目があまりよろしくなかったり、場所によっては設置できなかったりします。シロッコの場合は穴は小さくすむので、外の風の強さに左右されなかったり、デザイン性に優れたりしていますが、構造が複雑なので、コストが少し高いのと、掃除が面倒くさいかもしれません。デザインにこだわり、最近では戸建でもシロッコファンを取り付ける方が増えてきています。設置の際はメリットデメリットを考えてライフスタイルに合ったものを選ぶようにしましょう。

シロッコファンのメリットとデメリット、特徴

シロッコファンとは現在日本で使われている換気扇の一つです。このファンのメリットとして吸い込む力がプロペラ型のファンとは違い強いということや効率がいいということ、同じ風量ならプロペラ型と比べて電気料金が安い、音が静かであるということ、気流が自由に変えられるといった点などが挙げられます。しかし、このメリットに比べて価格が高いことやプロペラ型のファンとは違い羽が数十枚あり羽と羽の間がごくわずかなためため掃除をするのが大変といったような点が挙げられます。特徴としては、プロペラファンと比べ、押し出す空気の強いで高気密住宅や、長いダクト管で換気が出来るよって設置場所を選ばないということがあります。また、排気口が小さくて済むので屋外からの送風に強いといったようなことがシロッコファンの特徴として挙げられます。

シロッコファンの特長である排気構造

シロッコファンの特長は空気の取り入れ面に対しまして、90度角度を変えて排気出来ることです。もしも壁側に通常のプロペラファンを垂直に取り付けた場合では、上下の設置面積が大きくなってしまいます。また、水平に取り付けた場合では横方向に排気する際に、ダクトを90度曲げる必要があり、その分上下の設置スペースを確保する必要があります。その点シロッコファンでありますと、水平設置でありながら横方向への排気が可能になりますから、上下の設置スペースを少なく取り付けることが出来ます。そしてこの利点は、縦方向への設置スペースに余裕が無いPC内部でも非常に大きな恩恵をもたらしてくれます。例えばPCIスロットに装着する排気ファンの場合、高熱を発するVGAカードの直上に取り付けますと、シロッコファンがその熱気をすぐさま吸い取り、効果的に横方向への排気を実現してくれます。

当社は、「チャレンジ25」に参加し、地球温暖化防止に取り組んでいます。 電車の場合は、東武スカイツリーライン(地下鉄日比谷線・半蔵門線直通):越谷または新越谷です。 三上鉄工の製品は、効率アップと優れたコストパフォーマンスをお約束致します。 北海道から沖縄まで日本全国のさまざまな業種のお客様より直接お取引をいただいていています。 シロッコファンの設計から販売まで行う三上鉄工

close
avatar

Hi, guest!

settings

menu